広島県呉市在住 集団ストーカーの被害記録を綴っています。
プロフィール

Author:pumilla
広島県呉市在住。
集団ストーカー被害者です。
2010年呉市に引っ越して被害が表面化しました。
この犯罪の被害者になり、矛盾だらけの世の中の理由が分かりました。

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 街宣のお知らせ 

 第八回 広島街宣

日時:平成25年6月16日(日)
集合:広島市中区 八丁堀交差点(福屋側)12:45
場所:広島市中区 八丁堀交差点
時間:13:00~

※雨天決行


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 注意事項 
・サングラス・マスク、深い帽子の3点着用はご遠慮願います。
 (1点のみ着用可)
・プラカード大歓迎、演説ご希望の方は原稿をご用意下さい。
・映像のupは主催側で行います。
 映像のボカシが必要な方は事前にお申し出願います。
・街宣終了後、懇親会も予定しています。
・懇親会のみの参加×

 参加ご希望の方・・・当ブログ、又は山陰被害者の会のミランダ様のブログ 「さくらんぼの実る頃 ~テクノロジー犯罪被害者の日記~」 までご連絡をお願い致します。


 福岡街宣

日時:6月29日 (土) 12:00(集合時間)~
集合場所 西鉄天神駅1F ライオン広場
備考:・チラシ配布、食事会有り


 第4回 岡山街宣

日時:6月16日(日)13:00(集合)~
集合場所: JR岡山駅前 桃太郎の銅像前に集合
備考:雨天中止時は前日21:00までに告知

 第5回 岡山街宣

日時:6月23日(日)13:00(集合)~
集合場所: JR岡山駅前 桃太郎の銅像前に集合
備考:雨天中止時は前日21:00までに告知


 東京新宿街宣

日時:6月16日(日)13:00~
場所:JR新宿駅東口 ALTA前広場 (雨天決行/ 移動有り)
集合:12:45上記場所、のぼり旗の目印
備考:
・ サングラス、マスク、深い帽子の一点のみ可
・ プラカード、 演説希望の方は原稿事前用意願います
・ 映像upは主催側で予定、要ボカシの方は事前にお知らせ願います
・ 映像取材制限有り、個人撮影不可


 大阪淀屋橋街宣

日時:6月22日(土)17:00~(移動あり)
場所:地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅周辺
集合:16:45 淀屋橋駅7番出口付近、のぼり旗の目印
備考:
・サングラス・深い帽子の内1点のみ着用可、マスク着用不可
・プラカード、演説希望の方は原稿の持参
・主催側での映像up


 詳細は、集団ストーカー被害者の会ネットワークをご覧ください。





【元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器①~⑤】

元MI5の部員Dr. Barrie Trowerは冷戦期にイギリスの軍や諜報機関に仕えたマイクロ波の専門家

2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー

※訳者による注意
日本語字幕には不完全な部分があり、一部聞き取りにくく不明な部分を飛ばしたり、前後の内容から補っています。
概ね全体の意義は損なわないようにしておりますがその点ご注意ください。

動画の訳を一部引用します。

-----------------------

Dr.Henning Witte:バリー・トロワさん、ホワイトTVにようこそ。
             時間を割いてインタビューを受けていただき光栄です。
             我々はあなたを尊敬しています。
             Vラーニングや携帯電話技術の甚大な危険性に対して発せられるその勇気ある
             メッセージに、あなたの能力と今日持つ知識を理解するために、簡単な履歴に
             ついてから始めたいのですが。

Dr.Barrie Trower:ええ 1960年に私は軍でマイクロ波戦のあらゆる面に関わり始めました。

Dr.Henn­ing Witte:イギリスで?

Dr. Barrie Trower:イギリスで。
             マイクロ波戦の全側面、それが人体に与える危険性や、もちろんレーダーや
             軍事使用について学びました。
             その後11年間仕事の一部ですが、冷戦時代のマイクロウェーブは今と同様、
             秘密武器に扱われ、それらは完璧な武器であり、人々は自分が攻撃されている
             と気付かないのですから、どの政府にも個人や集団に対する攻撃が可能で実行
             しており、道にいる群衆に対しても同様で、18ヶ月から2年半低強度の攻撃
             で甚大な精神的ダメージや身体的ダメージ、ガンを引き起こすことができます。

Dr.Henn­ing Witte:思考の改変は?

Dr. Barrie Trower:簡単にできます。
             時々捕らえられたスパイや工作員を尋問することがあり、仕事の小さな部分であると
             強調しておきますが、他国で使われている危険な周波数を知りました。
             全ての国が今日同様実験をしていたからです。私はおよそ50の深刻な精神的身体的
             疾患を引き起こせる、およそ30個の周波数リストを持っていました。
             ガンを含めて。

Dr.Henn­ing Witte:ガンを引き起こせるんですね?

Dr. Barrie Trower:ええ。
             例えば秒6.6ヘルツの変調パルスは男性の性的攻撃性を引き起こします。
             他には自殺的な気にさせたり、優柔不断や無気力にさせたりするパルスもあります。
             自然な目の周波数に干渉して、視覚にも影響を与えられます。
             心臓に影響を与えるのはとても簡単です。

Dr.Henn­ing Witte:心臓発作を引き起こす?

Dr. Barrie Trower:ええ。
             それから腺に作用して、それがホルモンレベルに作用し行動を変えることもで
             きます。これを11年間やっていました。
             当時私は約30の周波数を使用していましたが、彼らは今600のリストを持ってい
             ます。
             どの政府によってどこの誰に対してもできますし、今ではただあなたを嫌いだという
             人でも。
             そして昼夜寝ても歩いてもテクノロジーはそこにある。
             完璧な武器です。
             たいていは攻撃されていることを知らない。
             政府にとって大きな成功は、何も知らない男性や女性を選び脳にパルス波を照射し、
             パラノイアや統合失調症、既知精神疾患を引き起こせる。
             精神科に行き診断され、精神病院に行くよう指示され、そこでもまだ攻撃を受けてい
             て、残りの人生を隔離部屋か精神病院で過ごすこともある。
             それこそが成功です。

Dr.Henn­ing Witte:病気でないのに?

Dr. Barrie Trower:病気でないのに。
             もし攻撃を止めれば回復するでしょう。
             それが成功です。ここで話をしているのは一人の事ではなく数十万人です。40、
             50年間にたくさんの国々の中で数十万人。完璧なマイクロ波兵器を求める競争で、
             ほとんどラジオのように攻撃や自殺、何にでも調整される。

-----------------------

毎朝、5時ごろから私への身体攻撃が開始されます。
全身に電気ショックのような痺れ。それと同時に下の階からドーン!という合図のような騒音。指先まで痺れます。もちろんこのような被害は集団ストーカー犯罪に巻き込まれてからです。
痺れは弱いものから強いものまで。強いものになると「ウー」とうなり声をあげて耐えなければならないほどの痺れ。その間にもドスドス歩き回るような騒音、同じ間取であるわけもない寝室真下から蛇口の音。毎日。身体被害はこれだけではありません。



過去の記事   「加害者へのインタビュー(カール・クラーク氏) より

カール・クラーク氏という人物が、1980年~2003年まで諜報機関で「個人監視」と「ハイテク兵器による拷問」を行ってきたとインタビューで答えています。

「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の定例会にてこのインタビューの翻訳が配布されたそうです。

←リンクさせて頂いているsilverbullet様のブログに詳しく記載されています。
 Silver Bullets Association 「 加害者のインタビュー 」

silverbullet様のブログによると

"raum&zeit"というドイツの雑誌に2009年に載ったものをPeace Pinkという中国が本拠地であるらしい国際被害者団体のメンバーが英訳したもののようです。


とありました。2009年…このことから日本はこれら組織犯罪の情報が非常に遅れている事が解ります。

インタビューの翻訳によると、カール・クラーク氏はこう述べています。

「長期間にわたり人々を探り、会話を盗聴しました。
また混乱させたり欺いたりする指令も受けました。この指令では、ひそかに住宅に侵入し、物を失くしました。単に物を動かしたりするだけのこともありました。
それから、コンピューターからデータを削除しました。尾行し、鉄道の駅やバスの停留所などで近くに現れ、頭をおかしくさせることもやりました。
その他に、ターゲットの近くの視野に確実に入る場所でケンカを演出し、他の多くの騒ぎを起こしました。ターゲットへのさらなるプレッシャー、あるいは連行という指令を受けた場合、幼児ポルノや爆弾の製造方法などのデータを、コンピューターに忍ばせました。」


「ターゲットはレーダー、衛星、基地局、無料のコンピュータープログラムで、どこにいても追跡できます。」

「集団ストーカー犯罪」そのものですね。
カール・クラーク氏はハイテク犯罪についても述べています。

「熱、体内の焼き付き感、痛み、吐き気、恐れを発生させます。皮膚に跡が残ることもありますが、ほとんどは残りません。ターゲットが医者に診てもらうと、異常なしと言われます。これは10年前の状況ということを忘れないでください。当時から、この技術は相当に進化しています。」

「特定の人物を最終的に精神病院に入院させることが目的であることは疑いありません。ターゲットが警察や医者に行っても助けを求めても、真剣に取り合ってもらえません。一部の医者や病院は、実際に諜報機関に協力しています。被害妄想の患者や声が聞こえる患者は、統合失調症と診察してよいと支持されています。」

「間違った仕事をしていることは分かっていました。」
「このような不正行為は、一般大衆に公開されなければとめることができない。」


とカールクラーク氏は語っています。他にも様々な質問に答えています。

この「組織犯罪」の恐ろしさにもっと目を向けてください。海外だけではありません。この日本でも起こっている犯罪です。明日の被害者はあなたかもしれません。



【エドワード・スノーデン氏、機密暴露の理由語る NSAの収集データは970億超】

アメリカの国家安全保障局によるインターネットや通話記録の監視が発覚。

 THE HUFFINGTON POSTより

スノーデン氏は英紙ガーディアンのグレン・グリーンワルド(Glenn Greenwald)記者とユエン・マカスキル(Ewen MacAskill)記者とのインタビューに応じた。主なやり取りは以下のとおり。


■「こんな社会で生きていたくはない」

Q: なぜ国家機密の暴露をしようと思ったのか?
A: NSAは、日常でやり取りされる通信情報のほとんどを傍受できるシステムを築いている。
  あなたのメールの中身や、あなたの奥さんの通話記録、パスワードクレジットカードの情報まで
  簡単に手に入る。私がしたことや言ったことのすべてが記録され、それらが盗み取られている。
  こんな社会で生きていたくはないと思ったからだ。

Q: 情報収集がボストンマラソン事件のようなテロを防ぐという考えもあるが。
A: ボストンの事件はテロではなく「犯罪」であり、テロの脅威を防ぐ手立てはもっと他にある。

Q: あなたがしたことは犯罪だと思うか?
A: 私たちは国家の犯罪行為を嫌というほど見てきたはず。
  その政府が「犯罪として捜査する」と言うことは、私にとっては「偽善」そのものだ。

Q: これからあなたに何が起こると思うか?
A: 良いことは何一つないと思う。

Q: 報道がされてから1週間が経つが、今の心境は。
A: 国家の違法行為を暴露したことは正しいことだったときっと思ってもらえるはずだ。
  私に何が起こったとしても、その結果がアメリカを良い方向に導くと信じている。
  でも、私が故郷・アメリカに再び戻ることはないだろう。

■ 970億ものデータを収集

スノーデン氏への独占インタビューに成功したガーディアン紙は、入手した国家機密の中から
「Boundless Informant」と呼ばれる情報収集ツールの存在を発見したと続報している。

このツールを使うと、世界中のインターネットや電話などの通信記録数が世界地図として表されるという。
NSAの監視優先度によって緑やオレンジ、赤色などで国が色分けされている。
メールやチャットの内容よりも、どこから発信したのかや誰とコンタクトしたのかなどの「メタデータ」の収集に重きが置かれているという。

ガーディアン紙が入手したBoundless Informantの操作画面を見ると、2013年3月の時点で、NSAは世界中から970億もの機密情報を集めていたようだ。もっとも多くの情報が集められていたのはイランで140億、続いてパキスタンが135億、ヨルダンは127億、エジプトは76億、インドは63億となっている。



 【飯島愛ポルノホスピタル「幻聴だぜっ」】

 【飯島愛主治医が明かす「精神的に追い詰められていた」】

飯島さんの主治医だった赤枝恒雄さんが「飯島さんは精神的に追い詰められていた」などと死亡直前の様子を初めて明らかにした。
「愛ちゃんは『てめぇバカャロウ!』という脅しのような耳鳴りが24時間ずっと聞こえることにも怯えていました。私は神経科を探して紹介したのですが、治してあげられませんでしたね・・・・・」



平成25年5月5日子供の日、テクノロジー犯罪周知!法制化を要求するデモが行われました!

 集団ストーカー犯罪防犯パトロール(ACP) Anti-Crime Patrol様 【啓発資料動画追加 【御礼感謝】 テクノロジー犯罪周知!法制化を要求するデモ】



平成25年6月1日、第4回集団ストーカー東京新宿デモ行進が行われました!

 創価学会と反日組織の集団ストーカーとテクノロジー犯罪!様 【第4回 集団ストーカー撲滅デモ行進in新宿!・36名の被害者有志が新宿を勇敢に行進! 】



デモ行進に参加された皆様、お疲れ様でした!!



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

私は絶対自殺はしません。

いつも拍手やコメントありがとうございます。
スポンサーサイト
2013/06/11 22:57 被害記録 TB(-) CM(-)
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。