広島県呉市在住 集団ストーカーの被害記録を綴っています。
プロフィール

pumilla

Author:pumilla
広島県呉市在住。
集団ストーカー被害者です。
2010年呉市に引っ越して被害が表面化しました。
この犯罪の被害者になり、矛盾だらけの世の中の理由が分かりました。

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 街宣のお知らせ

 第五回 大阪街宣

場所:地下鉄御堂筋線,淀屋橋駅周辺
日時:6月10日(日)14:00~
集合:13:30 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅7番出口付近
※雨天決行

~集団ストーカー~いつか消える日



「中国軍は電磁波武器を開発」 囚人拷問にも利用か=米軍報告書  (クリックでご覧頂けます)

Twitterにて拡散されていました。

記事の中に、
「中国軍は既に、ねずみやウサギ、犬、猿など動物を使った実験を行い、目や脳、骨髄、臓器に損傷をもたらすことを把握しているとされ、さらに軍の施設内で囚人への拷問に使われた可能性も指摘されている。」
とあります。

このような電磁波を悪用した機器が日本にも出回り、何も知らない一般人を苦しめています。
今、この日本で本当に起こっていることなのです。



マツダ無差別殺傷事件を起こした引寺被告の手記を読みました。
先日の広島街宣でも述べましたが、内容を知って頂きたいので、記事にします。

①~③は引寺被告の手記です。

① 奴(引寺被告に集団ストーカー行為をしたとされる人物Y)のこれまでの経緯で、検察からの出廷要請をOKしたにもかかわらず、裁判直前に行方をくらまして警察が捜索する羽目になった事、裁判が始まってからもかたくなに出廷を拒んだせいで検察が奴の出廷予定日を変更した事、やっと出廷してきたと思ったらあの不自然極まりない回答の数々!!もし奴がクロだと考えたら、これまでの奴の行動や発言が全て合致します!!

② Yは2月14日に出廷しました。Yの証人尋問の内容は、弁護人や検事からの集団ストーカー行為への関与についての質問に対して「知りません!!わかりません!!覚えてません!!」といった否認しまくりの回答で、ワシから見ていると不自然極まりないものでした。

③ 主任弁護士からの「引寺被告が主張しているマツダ事件の原因となった集団ストーカー行為があったのかなかったのかについては警察や検察がキッチリと調べてハッキリと明らかにする必要があると思いますか?明らかにする必要はないと思いますか?」という質問に対して、奴は4~5秒くらい考えてから「ないと思います!!」と回答しました。

政治家が「記憶にございません」等とよく使いますがこういったとき誰もが「クロ」と感じるのではないでしょうか。自身が本当に何もやっていないなら「全部調べてくれ!」と言えるはずです。

※① 創 The Tsukuru 5・6月号 P118より引用
※②、③ 創 The Tsukuru 5・6月号 P117より引用


月刊「創」のご案内(ちら見できるようです)

いつも拍手やコメントありがとうございます
スポンサーサイト
2012/06/03 13:44 被害記録 TB(0) CM(1)
コメント
はじめまして
私もここ数年集団ストーカーに囲まれています。( 萩市在住です。 ) 超音波や電磁波は毎日の事で、最近は私を眠らせないように、眠りに付いて1時間くらいで当ててきます。

寛平さんがアースマラソンで言っていたのですが、「人間も自然環境 ( 地球環境 ) の一部なんやなー」・・と言う事でした。

これは全くそのとうりなのですから、戦争している人間は環境破壊している事にもなり、戦争を止められない人間は環境破壊も止められない・・という事になってしまいます。

「集団ストーカー」も残酷な人間破壊であって、信仰によってこれを行っている組織も自分の信仰によって自滅しているのです。

例えてみれば、末期癌の患者の中で繁栄している癌細胞・・みたいなものだと思います。

私もある意味、発狂しそうな環境の中で暮らしているのですが自分なりに目標を持って・・自分自身の体を使って“ ある人体実験 “ をしているのです。

キリスト教の信仰を持っていますので、ハルマゲドン( 地球的規模の環境破壊・・たぶん? ) が近付いていると考えているため・・学会が人工的に発生させているピンポイントのハルマゲドンで滅んでしまってどうする!!

・・という考え方をしているのです。「学会の集団ストーカーも地球的規模の環境破壊も通過して未来の地球環境を受け継ぎたい!!」と考えているのです。

・・私を保護しているのは自分自身の信仰なのですが、「イエス・キリストが約束のメシア( 救い主 ) であったという信仰を心の奥底で保つ事によって、罪と死の影響力から逃れる事が出来ているのです。」

http://hitujikuru.dip.jp:8080/Infoseek/flame5.html

可能であればお勧めしたい信仰です。( ハンドルネーム:さすらい人 )

2012/06/11 11:19 さすらい人 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://pumillagreen.blog91.fc2.com/tb.php/51-78e6668b
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。