広島県呉市在住 集団ストーカーの被害記録を綴っています。
プロフィール

Author:pumilla
広島県呉市在住。
集団ストーカー被害者です。
2010年呉市に引っ越して被害が表面化しました。
この犯罪の被害者になり、矛盾だらけの世の中の理由が分かりました。

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 街宣のお知らせ 

 第七回 広島街宣

日時:平成25年4月21日(日)
集合:広島市中区 広島中郵便局前 12:45
場所:広島市中区 紙屋町西駅交差点
時間:13:00~

※雨天時は移動する場合がありますのでご注意ください。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


 注意事項 
・サングラス・マスク、深い帽子の3点着用はご遠慮願います。
 (1点のみ着用可)
・プラカード大歓迎、演説ご希望の方は原稿をご用意下さい。
・映像のupは主催側で行います。
 映像のボカシが必要な方は事前にお申し出願います。
・街宣終了後、懇親会も予定しています。
・懇親会のみの参加×

 参加ご希望の方・・・当ブログ、又は山陰被害者の会のミランダ様のブログ 「さくらんぼの実る頃 ~テクノロジー犯罪被害者の日記~」 までご連絡をお願い致します。


 大阪梅田街宣

主催:集団ストーカー被害者の会ネットワーク 関西被害者の会
日時:平成25年3月31日(日)PM12:00~
集合:AM11:30 富国生命ビル駐車場入り口前付近、のぼりが旗目印

 神戸三宮街宣

場所:JR三ノ宮駅周辺
日時:04月06日(土)13:00~(移動あり、雨天時翌日順延)
集合:12:45 JR三ノ宮駅 中央口改札出口付近、のぼり旗目印


 詳細は、集団ストーカー被害者の会ネットワークをご覧ください。



アメリカ合衆国ウィスコンシン州最大の都市ミルウォーキーに、エレクトロニック・ハラスメントを警告する看板があるという記事をご紹介します。
(この記事をツイートすると記事のページが開かなくなることが頻繁にあったので、消された時の為に記事にします。)

PJ NEWS 877 【エレクトロニック・ハラスメントを警告するミルウォーキーの街頭広告】

<引用開始>

エレクトロニック・ハラスメントを警告するミルウォーキーの街頭広告
2010年12月14日 07:12 JST

ミルウォーキー
AreYouTargeted.comより。2010年12月アメリカ・ミルウォーキーにて、撮影者不明。

【PJニュース 2010年12月14日】アメリカのFFCHSという団体が行っている、街頭広告プロジェクトについてのプレス・アナウンスメントをご紹介させていただきたいと思う。

シンシナティに本部を置き全米規模の活動を展開しているFFCHS(フリーダム・フロム・カバート・ハラスメント・アンド・サベイランス)は、全米に存在する法的な保護を受けられずにいるオーガナイズド・ストーキング、エレクトロニック・ハラスメントの被害者たちの救済を目的としたサポート団体だ。多くの分野からの著名人たちの協力と、アメリカ議会や立法機関へ専門に連絡を取る委員会を設置するなど、積極的なサポート活動を展開している。以下が、このプロジェクトのプレス・アナウンスメントだ。

「エレクトロニック・ハラスメントを警告するミルウォーキーの街頭広告」

オーガナイズド・ストーキングと遠隔からのエレクトロニック・アタックに沈黙のまま忍耐を続ける人々へ対する救済は、着々と進行しています。幾人かのウィスコンシンとミシガンに住む人権擁護に携わる人々の提供によるこの第一号の広告は、ミルウォーキーのI-94(フリーウェーもしくはハイウェー)サウスバウンドのRyan Road出口に立っています。

このデザインは看板中の「Big Brother is Watchin you(ビッグ・ブラザーは、国・世界レベルの大規模な監視を行う人物、機関を意味する)」という言葉に潜む不気味な目を表現し訴えています。

エレクトロニック・ハラスメントは、ディバイスの種類に関連して遠隔発信される周波数によって、多種にわたる病状を人々の身体と精神に生み出します。特に痛み、針で刺されたような痛み、平行感覚の喪失、吐き気、動悸、卒中、癌、シンセティック・テレパシー(人の声が意識の中で聞こえる)、これだけではなくまだまだあります。

社会においての認知を高めること、他の通りにおいてもこのような看板広告を介して行うことは、この遠隔操作での暴行を受けているアメリカ軍とUSインテリジェンス・サービスにより生み出された被害者にとってとても重要なことです、とFFCHSの評議会メンバーは語っています。

FFCHSは、これらの監視テクノロジーで展開されていることは、今日の社会と時に彼らに同行するストーキング行為において、怪しまれないようなメンバーたちにより自由を奪われていると発表している団体のひとつです。

「全米で1000名以上のオーガナイズド・ストーキングとテクノロジーの侵略により精神と身体的被害を受けている人々が、私たちの団体と関わりを持っています。これらのハラスメントのテクニックの使用は、顕著に人々の精神的、肉体的な状態を害します」と、この団体の代表 デリック・ロビンソンは語っています。

10月にFFCHSはアメリカ法務省へ被害者への助けを求める多くの宣誓書を、これらの兵器システムに関するFBIの首尾一貫とした捜査の拒否について訴えました。このルートは非営利的であることを証明し、現在議会へ訴えています。

国内監視と遠隔拷問は、この国にいる数千人もの人々の日々の現実です。現在ではアメリカ議会でも、電子的な遠隔拷問による被害者たちのための最終的な要求を聞くにまでに至っています。

-看板の文字-
Big Brother Is Waching You!
(ビッグブラザーはあなたを監視しています!)
Are You Targeted.com
(被害者サポートブログのURL)
ELECTRONIC HARASSMENT = TORTURE
(エレクトロニック・ハラスメント=拷問)
400,000 US citizens
(40万人のアメリカ市民が)
NOW IMPACTED
(今衝撃を受けました)
Are you next?
(次はあなた?)

さて、これをご覧になられた方々は、どのように考えるのだろうか? 大手メディアが取り上げないことは、果たして現実には起こっていないのだろうか? 落ち着いて考えるいい機会になりそうだ。


<引用終了>

テクノロジー犯罪(電磁波犯罪、エレクトロニックハラスメント)はまるで映画やドラマのようですが、この日本で本当に起こっている犯罪です。目に見えないのをいいことに日本全国で悪用されています。

これらのハイテク機器をどのような気持ちで使用しているのでしょうか。

罪悪感もなく、みんなでやれば怖くない。そんな気持ちなのでしょうか。

その痛みを加害者は知っているのでしょうか。

この犯罪に耐え苦しんでいる人たちが日本中、世界中にいます。


東京新宿にて、集団ストーカー撲滅デモが行われています。第三回のデモ行進も大成功に終わったようです!

 レックス様のブログ記事「第3回 集団ストーカー撲滅デモ行進in新宿!・32名の被害者有志が新宿を勇敢に行進! 」

ACP様では「テクノロジー犯罪周知デモ」が予定されているようです。

 ACP様「『テクノロジー犯罪周知デモ』主題についてのご報告 ver.2」

記事の中にテクノロジー犯罪について詳しく書かれた記事の案内や動画の紹介などもあり必見です。



4月19日から5月12日まで広島市内にて「ひろしま菓子博2013」が行われます。



いつもの街宣場所と会場が近いです。是非、広島へお越しください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

私は絶対自殺はしません。

いつも拍手やコメントありがとうございます。
スポンサーサイト
2013/03/28 00:00 被害記録 TB(-) CM(-)
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。